タウリンの膵臓への効果 | 糖尿病の予防・改善にも

タウリンは膵臓への効果も

タウリンと膵臓について説明する医師

臓器の健康を考えた時、真っ先に肝臓へ意識が行く人は多いでしょう。確かに、肝臓は沈黙の臓器と言われているため、自分で意識して行かなければ取り返しのつかないことにもなりかねません。

 

しかし、そんな肝臓と同じくらい気を付けなければならない臓器があること、ご存知ですか?

 

それは、膵臓です。あまり意識しない、そもそもどこにある器官なの!?と思う人もいらっしゃるでしょう。でも、このように意識しづらい箇所にある臓器だからこそ、気づかないうちにボロボロになってしまう可能性も高いのです。

 

タウリンは肝機能を助けると共に、膵臓の機能維持と改善効果も期待できます。毎日必要なタウリンをしっかり補って、一石二鳥の効果を期待してはいかがですか?

 

そもそも膵臓ってどんなところ?

膵臓は、胃の後ろにちょうど隠れるように位置している、かまぼこ型の臓器です。
主な機能としては、次の2つが挙げられます。

外分泌機能

消化酵素をたっぷりと含んだ膵液を分泌し、タンパク質・脂質の分解を助ける働きのことです。普段は膵臓にとどまっている膵液は、十二指腸に食べ物が入ってくると分泌され、消化を助ける仕組みとなっています。

内分泌機能

インスリン、といえば聞いたことがある人も多いでしょう。このインスリンを分泌している臓器こそ、膵臓なのです。

 

摂取したブドウ糖をエネルギーへと変換するためには、インスリンが必要不可欠。もしも膵臓に負担がかかるなどして機能低下が起これば、インスリンの分泌量も低下してしまいます。その結果、血液中の糖濃度がどんどん高まり、糖尿病に繋がる可能性が高くなるのです。

 

逆に膵臓の機能がアップし、インスリンの生成が促進されれば、血糖値を下げる働きが増すことになりますので、糖尿病の改善も期待できるということになります。

 

膵臓の働きを助けることで注目されているタウリン

牡蠣

タウリンと言えば、肝臓の働きをサポートすることで有名ですが、実は膵臓を助ける栄養素としても注目されてきているのです。

 

そのため、牡蠣やあさり、イカ、タコなどタウリンが豊富に含まれた魚介類を積極的に食べるようにすると、肝臓だけでなく膵臓もサポートすることができます。

 

特に、牡蠣にはタウリンの他に亜鉛も豊富に含まれていますが、これも膵臓で作られるインスリンの生成を促成するのでで、膵臓をサポートするためには特におすすめです。

 

牡蠣が苦手…そんな人にはサプリメント

牡蠣が大好きな人にとっては旬になると、喉から手が出るほど食べたい!となるものですが、やはり癖のあるものなので、人によっては苦手という場合もあるでしょう。また、大好きな人でも食中毒の危険性がある食べ物ですから、毎日食べるのは難しいところがありますね。

 

そこで、牡蠣そのものの栄養素を摂取できるとして注目されているのが、牡蠣エキスがたっぷり入ったサプリメントです。これなら食中毒を気にする必要もありませんし、独特の味が苦手な人でも、牡蠣の良いところだけ摂取できます。

 

当サイトで一番おすすめしているのは、「牡蠣のチカラα」というサプリメント。タウリンや亜鉛が豊富に含まれる牡蠣の濃厚なエキスに、マカと高麗人参を加えたサプリメントです。膵臓が気になる方は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

>>牡蠣のチカラαの公式サイトはこちら

 

⇒タウリンサプリメントのおすすめランキングへ