タウリンは肝機能を高めるのに効果的

タウリンは肝臓の機能を高めるのに効果的

肝臓の説明をする医師

タウリンと言えば、近年肝臓に良い成分として知られているものですね。魚介類を中心に含まれており、特に牡蠣が多く含まれるとして、牡蠣エキスのサプリメントなども注目されています。

 

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれている通り、なかなかSOSを出さない場所です。本格的に自覚症状を出してSOSを出し始めるのは、完全に悪くなった頃…そう、最悪、後戻りできなくなります。

 

とはいえ、分かりにくいですが初期症状はきちんと出ています。

 

  • 疲れにくくなった。
  • すぐに息切れや動悸がする。
  • お酒に弱くなった、または二日酔いしやすくなった。

 

思い当たるものはありませんか?

 

きちんと休んでいるのに取れない疲れ、対策をしているのにお酒に弱くなる…などは、肝臓が悲鳴を上げ始めている可能性もあるのです。

 

健康な肝臓を維持することは、健康な体を維持することに繋がるもの。タウリンが肝臓に与える影響を知って、肝機能向上のために摂取してみてはいかがでしょうか?

肝臓の機能を高めるタウリンの働きとは?

肝臓

肝臓と言えば、アルコールなど体に害のあるものを解毒する臓器。、タウリンを摂取すると肝臓をサポートして有毒なものを処理する働きを助けてくれるため、肝臓の負担が軽減されます。

 

その結果、疲れた細胞の再生を促進できるため、肝機能改善効果を期待できるのです。

 

また、肝臓は体内の余計なコレステロールを排出するために必要な、胆汁酸の分泌を行っている器官でもあります。肝機能が弱まると胆汁酸の分泌量も低下するため、体内にコレステロールが増えすぎて血中コレステロール値が上昇するだけでなく、肝臓に脂肪が溜まりやすくなってしまうので危険です。

 

タウリンは肝臓の働きをサポートしつつ、胆汁酸の分泌も促進してくれます。その結果、体内の余分なコレステロールを排出し、肝臓にも脂肪が溜まりにくくしてくれるのです。

 

タウリンは肝臓をアルコールから守る騎士

アルコールが好きな人は勿論のこと、夜の付き合いなどで飲まなければならないという人もいるでしょう。適量であれば体に良いものとされていますが、過剰に飲むと肝臓に負担をかけることになるため、注意が必要です。

 

体内に入ったアルコールは、肝臓でアセトアルデヒドに分解されてから、酵素によって更に分解されて無毒なものとなります。そして、この分解作業が肝臓に大きな負担をかけるのです。このため、休肝日などを設けたり、適量を意識することなく毎日のように大量のアルコールを飲んでいると、すぐに肝臓は疲れ果てて機能が損なわれてしまいます。

 

タウリンを摂取すると、この肝臓が行うアルコール分解をサポートしてくれるため、肝臓への負担が大幅に軽減されるのです。その結果、肝機能低下を防ぐ効果を期待できます。

 

肝臓の濾過機能も向上させるタウリン

肝臓では、アルコール以外にも有害なものがたくさん濾過され、いらないものとして排出されています。健康な状態ではこの濾過機能も十分発揮されますが、肝臓に負担がかかって機能が低下してくると、その働きも弱まってしまうのです。

 

その結果、有毒なミネラルや老廃物が体内に留まり、疲れやすい、痩せにくい体にするなど様々な悪影響を及ぼします。

 

十分なタウリンを摂取していれば肝臓の働きを常にサポートしてくれるため、このような状況に陥りにくいのです。また、ダイエットしているのに痩せない…という人は、タウリンを摂取することで肝臓の働きを高め、痩せやすい体質づくりをしていくができます。

 

 

いかがでしたか?このように、タウリンは肝臓をサポートして、肝機能低下を防ぐだけでなく、改善効果も期待できます。疲れやすさや二日酔い、息切れなどに悩んでいる人は肝臓の機能が低下している可能性も大きいです。ぜひ、タウリンを摂取して健康な肝臓を維持していきましょう。

 

⇒タウリンサプリメントのおすすめランキングへ