腎臓の機能を高める

タウリンは腎臓の機能を高めるのに効果的

腎臓の説明をする医師

タウリンと言えば、今や健康を維持する成分として多くの人に注目されているものですね。特に肝臓の健康維持を期待できるとして有名なので、タウリン=肝臓に良い!というイメージが強い人は多いでしょう。

 

しかし、実はタウリン…良い影響を期待できるのは肝臓だけではなく、腎臓にも働きかけてくれることが、近年わかってきています。

 

それでは、タウリンと腎臓の関係についてお話していきましょう。

そもそも腎臓ってどんな臓器なの?

腎臓、と言うと尿の排泄などを行っている臓器というイメージがありますね。
でも、実は私達の体の健康を守るために重要な臓器なのです。

 

腎臓の働きをざっくり説明すると、次の5つが挙げられます。

老廃物を体外へ排出する働き

腎臓の働きとして代表的なものですね。体内の血液を濾過し、不要な塩分と老廃物を尿と一緒に排出してくれています。この時、体に必要なものがあった場合は再吸収してくれる、非常に優秀な臓器なのです。

血圧の調整

腎臓には、体内の余分な塩分や水分を排出したり、ホルモンを分泌させることで血管を拡張・収縮させる働きがあります。これらの働きによって血圧の調整も行っているのです。

血液を生成する

腎臓から分泌されるホルモン、エリスロポエチン。これは骨髄の細胞に刺激を与え、赤血球を作っている重要なものです。

体液やイオンのバランス調節

私達の体に必要なミネラルを取り込んだり、体液量・イオンバランスの調節も腎臓の重要な役割の1つです。

骨を強化するビタミンDを活性化

骨の生成には様々な臓器が関与していますが、中でも腎臓はトップクラスと言えるほど活躍しているものです。腎臓では、活性型ビタミンDが作られているのですが、これはカルシウムを吸収するために非常に重要となっています。

 

このように、腎臓は意外にも様々な働きによって私達の健康を維持しているのです。何らかの原因で腎臓に負担がかかって機能が低下すると、これらの働きを正常に行えなくなるため健康に支障を来すことになります。

 

タウリンが腎臓に良いのはどうして?

腎臓

腎臓は交感神経と深い関わりがあります。交感神経が刺激されると血圧が上昇させてしまうのですが、同時に腎臓の機能低下も招いてしまうのです。

 

このため、常にストレスを感じていて交感神経が刺激された状態が続いていればいるほど、腎臓はどんどん機能低下を起こしてしまいます。

 

タウリンは交感神経を抑制する働きを持つため、交感神経によって起こる腎臓への刺激を緩和さます。

 

さらに、高血圧は非常に大きな負担を腎臓にかけてしまうのですが、タウリンはその中でも塩分の過剰摂取を原因とするものに対して大きな効果があると言われていますので、摂取することで間接的に腎臓への効果を期待できるでしょう。

 

また、タウリンには、腎臓の細胞を保護し、再吸収の機能を助けるという直接的な効果もありますので、直接的にも間接的にもタウリン摂取による腎臓への効果は期待できると言えるでしょう。

 

 

いかがでしたか?このように、意外ですがタウリンは腎臓にも良い影響を期待できる栄養素といえます。魚介類を中心に含まれているので、普段から魚介類中心の食事を心がけるといいでしょう。

 

とはいえ、忙しい毎日を送っているとなかなか食事のバランスを考えていられない!という人も多いと思います。その場合は、牡蠣エキスなどがたっぷり含まれたサプリメントで不足しているタウリンを補うようにすると良いでしょう。

 

タウリンの他にも体に良い栄養素を補えるので、さまざまな良い影響を期待できるはずです。

 

⇒タウリンサプリメントのおすすめランキングへ