タウリンの二日酔いへの効果 | アセトアルデヒドの代謝促進

タウリンの二日酔いへの効果

二日酔いに苦しむ男性

飲み会に行く前、二日酔いをしないように…とタウリンが含まれた栄養ドリンクを飲んでいる人も多いでしょう。二日酔い対策=タウリンというイメージを持っている人は多いもの。

 

でも、どうしてタウリンが二日酔い対策に有効なのでしょうか?このページでは、二日酔いとタウリンの関係についてをお話していきます。

 

二日酔いしないか…と考えながら飲み会に参加するなんて、楽しくないですね。飲み会を心から楽しむためにも、タウリンでできる二日酔い対策をバッチリしていきましょう!

 

二日酔いを招く物質「アセトアルデヒド」

ビール

飲み会の次の日、二日酔いに悩まされたことがあるという人は多いでしょう。特に日本人はお酒に弱い人も多いため、二日酔いにならないように何とか対策をしていきたい…と考えている人は少なくないはず。

 

吐き気や頭痛、体のだるさ、下痢…などなど。こうした症状が次の日に現れると、仕事に行くのも大変です。「明日も仕事だから、今日は控えめに…」と考えながらでは、心から飲み会を楽しむことはできませんね。

 

さて、そこでタウリンでの二日酔い対策が注目されているわけですが、どうしてタウリンで効果を期待できるの?と思う人は多いでしょう。まずは、アルコール摂取によって二日酔いが起こるメカニズムからお話していきます。

 

体内に摂取されたアルコールは、胃や小腸で吸収され、血液中に溶け出した後、肝臓で処理されるのが基本的な流れです。肝臓で分解されると、アルコールはアセトアルデヒドという物質に変わり、その後アセテートというものに変えられます。こうしてできたアセテートは血液中に放出され、水と二酸化炭素に代わって排出されるのです。

 

しかし、アルコールを過剰摂取していたり、日頃から肝臓に負担がかかっていて肝機能が低下していると、アセトアルデヒドをアセテートに分解することができません。

 

アセトアルデヒドは、発がん性物質を含んだ有害物質で自動車の排気ガスや煙草にも含まれているものです。当然、分解されないまま体内に残ってしまえば、様々な悪影響を及ぼすことになりますね。

 

また、アセトアルデヒドは脂肪の分解を抑制する性質も持っているため、二日酔いに悩まされるだけでなく、体内の中性脂肪を増加させてしまう働きがあるのをご存知でしょうか。これにより、肝臓などに中性脂肪が溜まりやすくなるため、脂肪肝などの生活習慣病に繋がる危険性も高まるのです。

 

タウリンがアセトアルデヒドの分解を促進

二日酔いはアルコールが分解されることで発生するアセトアルデヒドが原因となり、起こるものということはお分かりいただけたことでしょう。つまり、二日酔いを予防・解消するためには、いかにアセトアルデヒドをアセテートへ分解できるかが重要なカギとなります。

 

タウリンは、肝機能をサポートする栄養素です。そのため、アルコールを飲む前に摂取しておくことで、肝機能を高めてアセトアルデヒドが体内に残らないようにしてくれます。これによって、二日酔いによる症状を起こしにくくする他、体内に中性脂肪を溜め込みすぎないようにすることも可能です。

 

二日酔いに悩まされたくない、という人は是非お酒を飲む前にタウリンが豊富に含まれたサプリメントを摂取するなどして、体内に十分なタウリンを補っておきましょう。

 

できれば、お酒を飲む時だけではなく、毎日タウリンを摂取する習慣をつけておくことがおすすめです。そうすることで、肝機能の低下を防ぎ健康な肝臓を維持しやすくなります。

 

肝臓は一度ダメにしてしまったら二度と、どうにもできなくなってしまう臓器です。手遅れになってしまう前に、日頃から肝臓を労る生活を心がけてみてはいかがですか?

 

⇒タウリンサプリメントのおすすめランキングへ