タウリンの糖尿病を予防。血糖値を下げる効果について

タウリンで糖尿病を予防。血糖値を下げる効果について

糖尿病の説明をする医師

近年、患者数が多くなっている生活習慣病。糖尿病は、その中でも「国民病」と言われるほどたくさんの人が発症していると言われています。

 

タウリンは、そんな糖尿病の予防と改善にも効果を期待できるとして注目されているのをご存知でしょうか。ここでは、タウリンと糖尿病の関係についてお話していきます。

糖尿病ってどんな病気?

インスリン注射

ブドウ糖は本来、私達が生命活動を行う上で必要不可欠なものです。しかし、糖尿病になるとインスリンの作用が十分に行われなくなり、本来エネルギーとして使われるはずのブドウ糖が有効に使われなくなってしまいます。

 

この状態が続くと血液中のブドウ糖濃度はどんどん上がってしまうのです。その結果、血管に負担がかかって命にかかわるような合併症を引き起こす可能性も出てきます。

 

糖尿病には1型と2型があり、前者は子供を中心とした若年者によく見られるもので、後者は中高年を中心に発症しやすいものです。

 

1型糖尿病とは?

何らかの原因によって膵臓の細胞が破壊され、インスリンが生成できなくなることで起こるものです。

 

2型糖尿病とは?

インスリンの分泌が低下したり、働きが衰えることで起こります。以前は中高年以降に多いとされていましたが、近年では生活習慣の乱れから若年層にも見られやすいです。日本にいる糖尿病患者さんのうち9割以上が2型糖尿病と言われている程、身近な存在となっています。

 

元々、日本人はインスリンの分泌が多くないです。食の欧米化によって脂っこい食べ物をたくさん食べたり、インスタント食品などに頼っていたり、運動不足に陥ることで、インスリンの分泌に関わる臓器に負担をかけ、働きを悪くし、分泌量の低下を招いてしまいます。

 

特に忙しさと隣合わせの人は知らない間にインスリンの働きを弱め、分泌量が減少してしまいがち。健康診断などで血糖値を指摘された人は特に、糖尿病に繋がらないように意識していくことが重要です。

 

タウリンで血糖値低下を期待できる!?

インスリン注射

タウリンと言えば、肝臓に良いものとして知られています。しかし、それだけではありません。最近では、糖尿病の予防と改善にも良い効果を期待できることが分かっているのです。

 

タウリンはインスリンの分泌を促す働きを持っています。このため、タウリンを摂取することでインスリンの分泌量が増加し、上昇しすぎた血糖値を低下させる効果を期待できるのです。

 

糖尿病患者の血液や血小板に含まれるタウリンの量を調べたところ、健康な人よりも70%程度少なかったというデータも報告されており、タウリンが血糖値のコントロールに関して、重要な役割を果たしていると言えるでしょう。

 

このような働きを持つことから、タウリンは糖尿病の予防はもちろんのこと、糖尿病患者さんがインスリンをコントロールするためにも良いとされています。

 

さらに、糖尿病の合併症として、網膜症や神経障害、動脈硬化症などがあげられますが、タウリンには、血中コレステロールや中性脂肪の低下作用がありますので、合併症の軽減の効果も期待されます。

 

タウリンは、牡蠣を始めとした魚介類に多く含まれている栄養素なので、血糖値が気になる人は魚介類を中心に食べるようにすると良いでしょう。ただし、水溶性なので加熱処理をした時、煮汁に出てしまいますので、加熱処理をする場合はできるだけ煮汁も一緒に飲むと良いでしょう。

 

 

いかがでしたか?意外に感じる人も多くいらっしゃると思いますが、このようにタウリンは糖尿病の予防と改善に良い影響を与えてくれます。

 

普段忙しく働いたり、育児などをこなしている人だとなかなか食事だけでタウリンを摂取するのは難しいでしょう。そんな人達のために、タウリンが豊富に含まれたサプリメントが近年注目されています。忙しい毎日を支える手段の1つとして、サプリメントで効率よくタウリンの摂取を始めてみてはいかがですか?

 

⇒タウリンサプリメントのおすすめランキングへ