タウリンに副作用はあるのか

タウリンに副作用はあるのか

健康に良いとされている成分でも、過剰摂取すると大変なことになってしまうこともありますよね。タウリンはどうなのでしょうか。ここではタウリンの副作用についてお話していきたいと思います。

タウリンを過剰摂取すると??

タウリンの過剰摂取について話す医師

牡蠣やタコ、イカ、あさりなどにタウリンは多く含まれているのですが、こういった食材に含まれる天然のタウリンであれば、基本的に副作用はありません。

 

必要以上に多く摂ってしまっても、水溶性の成分なので、体内に長く留まることなく、尿や汗に溶け込んで排泄されるからです。ただし、限度はあるかと思いますので、あまり極端な量は摂らないほうが賢明でしょう。

 

気をつけないといけないのは、リボビタンDなどの栄養ドリンクに使われる合成タウリンです。合成タウリンは過剰摂取することで、下痢や便秘、嘔吐などの副作用が考えられます。

 

合成タウリンの原料はなんと重油。重油にいくつかの化学反応を起こさせて作られるものなのです。合成タウリンには生成過程でどうしても残留物が含まれてしまい、そのわずかな残留物が副作用を引き起こすのです。

 

副作用がない天然タウリンを摂ろう

上記のとおり、合成タウリンは副作用がありますので、天然タウリンを摂ることをおすすめします。

 

日本では、合成タウリンは医薬品扱いになってますので、食品に添加することはできませんし、食品扱いとされるサプリメントにも合成タウリンが含まれることはありません。よって、タウリンを摂る場合は、天然の食べ物か、サプリメントから摂るようにしたほうが安全です。

 

ただし、天然タウリンであれば副作用がないとはいえ、サプリメントを一度に極端な量を飲むことはやめましょう。

 

そもそもタウリンは水溶性なので、体に溜めておくことができないので、不要な分は排泄されてしまうので、大量に摂取しても意味がありません。さらに、いくら排泄されるとはいえ、その排泄が間に合わないほどに大量に摂取した場合は、なにかしらの副作用が出ることも否定できませんのでやめておきましょう。

 

サプリメントには必ず目安量が設定されていますので、それを参考に飲む量を決めるようにしてください。

栄養ドリンクは要注意

栄養ドリンク

安価にタウリンを摂りたいからと、栄養ドリンクでタウリンを摂取する場合には、合成タウリンだけでなく、糖質やカフェインなどの摂り過ぎにも注意する必要があります。

 

栄養ドリンクには糖分やカフェインも多く含まれています。糖分で血糖値を上げて、カフェインで覚醒させることで一時的に元気になるのですが、他にも体に悪い添加物も多く含まれていますので、トータルで考えるとかなり不健康な飲み物と言えるでしょう。

 

ここぞ!という時に利用するのはいいかもしれませんが、日常的に飲むものとしては危険な要素が多いので、あまり多用しないようにしましょう。

 

⇒タウリンサプリメントのおすすめランキングへ