タウリン コレステロールを下げる

タウリンには血中コレステロールを下げる効果あり

コレステロールについて説明する女医

タウリンは肝臓などさまざまな健康をサポートしてくれる栄養素として近年注目されているもの。栄養ドリンクに含まれているので、名前だけでも聞いたことがあるという人も多いでしょう。

 

そんなタウリン、実は血中コレステロールを下げる効果も期待できると言われているのです。ここでは、タウリンと血中コレステロールの関係についてお話していきます。

 

コレステロールが溜まりやすくなる仕組みって?

コレステロールは完全に悪いものか、というとそういうわけではありません。人間にとってはある程度、なくてはならない成分の1つです。しかし、過剰にありすぎて血中濃度が高くなると、さまざまな病気に繋がる危険性が出てきてしまいます。

 

特に現代の日本人は、食の欧米化や運動不足、ストレスなどによってコレステロールが溜まりやすい傾向にあると言われているのです。

 

中でも無意識のうちに溜まりやすいストレスは交感神経を興奮させる要因の1つ。これによって、コレステロールが溜まりやすい体ができあがってしまいます。

 

仕事や育児、人間関係などなど…。誰しもストレスとは隣り合わせの生活をしています。

 

自分は大丈夫、そう思っていても、知らない間に蓄積したストレスによって血中コレステロールが高くなっている可能性は、誰でも十分にあり得るのです。

 

タウリンが血中コレステロールを低下させる…?

タウリンは、2つの働きによってコレステロール値の低下をサポートしてくれます。

 

まず、タウリン自体が体内にある余計なコレステロールを排出する役割を持っているのです。この働きにより、余分なコレステロールはどんどん体外に排出され、血中コレステロール値を下げる効果を期待できます。

 

また、もう1つはタウリンが交感神経を沈静化してくれる、というものです。前述の通り、ストレスなどで興奮状態になりやすい交感神経ですが、タウリンを摂取することでこの状態を緩和し、コレステロールが溜まりやすくなった体質の改善を期待できます。

 

恐ろしい病気に繋げないためにも、効率よくタウリンを

サプリメント

血中コレステロール値が高くなった状態が続くと、動脈硬化や心筋梗塞に結びつく可能性も高くなります。

 

これらは、命にも関わる非常に恐ろしい病気です。知らないうちにコレステロール値が高くなっていて、ある日突然倒れてしまった…なんて事態が、誰にでも起こり得ると言えます。

 

生活習慣、絶対に乱れていないと言えますか?
ストレスを感じてないという確信はありますか?
自分の体が本当に健康、という自信はありますか?

 

…改めて自分に問いかけてみると、「どうだろう?」と頭を抱える人は多いはずです。何もしないまま、自分には分からないまま体を蝕んでいるものがあるかもしれません。

 

そうした脅威から身を守るためにも、タウリンのように私達の健康を維持する栄養素を積極的に摂取することをおすすめします。

 

といっても、栄養ドリンクを毎日飲んでタウリンを補給するのはNGです。

 

栄養ドリンクに含まれているのは化学的なもので、天然のタウリンではありません。また、糖分やカフェインなどを多く含んでいるので、かえって体に負担をかける可能性があるのです。

 

そこで、タウリンの摂取を考える場合は牡蠣エキスの含まれたサプリメントのように、天然タウリンが含まれるものを選びましょう。サプリメントなら栄養ドリンクのように余計なもの(糖分やカフェイン、添加物など)もなく、安心して毎日続けていけます。

 

血中コレステロールの値が気になる人はもちろん、未然に予防したいという人もぜひタウリンの摂取を考えてみてくださいね。

 

⇒タウリンサプリメントのおすすめランキングへ